愛着には臨界期がないからこそ、いつでも取り戻せるし再形成できる

愛着には臨界期がなく、取り戻せるし再形成できるのmain画像

愛着には臨界期がなく、取り戻せるし再形成できる

愛着(アタッチメント)の3つの機能

「愛着(アタッチメント)」は、基本的信頼感を育てるための土台であり、行動のエネルギー源でもあります。そして、その機能には下記の3つが挙げられています。

1. 心と身体の安全を保証する「安全基地」
2. ほっとできる居場所としての「安心基地」
3. 社会的探検を行うときの「探索基地」

(参考文献:愛着(アタッチメント)の理論については、Bolwby、Mary Ainsworthが示しています)

3つ目の探索基地は、「いってきます」と 出かけたら、必ず、その結果を報告する場所が大切ということ。愛育Lab.のカウセリングやセラピーは、愛着形成または愛着の再形成も目指し、これらの機能の回復、代替も支援していきたいと思っています。

「愛着」にはない臨界期

「愛着」は、心理的な支援でいつでも取り戻せるもので、「いつまでに獲得しないと獲得が困難になる」というような臨界期のあるものではなく、生涯発達。だからこそ、愛着再形成も実現可能です。

愛着は、行動のエネルギー源。

だからこそ、心の土台にまずは安定した愛着作りを♩

お知らせ

LINE@を公開にしました!
愛着障害やカウンセリング、セラピー
にまつわる情報やつぶやきをお届けしています。
セッションのご予約も承ります。
よければフォローください ♩

愛着には臨界期がないからこそ、いつでも取り戻せるし再形成できる” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中