「褒める」をもう一度考え直す

854-What_s_My_Life_Purpose_keep_aspect_374x215

人は、大人になっても
「褒められる」とうれしくなります。

それは、自分の実績が認められた
という一つの評価だから。

評価されることに対して
自信を持ち、より高いものを目指そう
と努力し続けることができる。

また、子どもの躾や教育、
職場内での部下への指導にも、
「褒めて育てる」「褒めて伸ばす」
みたいな言葉をよく耳にする。

さて、この「褒める」は、
本当の評価と正しくつながっているのでしょうか。

「褒める」ことは、
子どもの育ち、発達や学習の
深まりをもたらすことになるのだろうか。

そんなことに疑問を感じています。なぜかというと、

「褒める」ことの対象が
結果や出来映えに対する評価であることが多く
その結果や出来映えに対する過程への評価であることが
少ないということが多くあり、

そのために「褒められる」ことで、
次の活動の源や原動力、またその活動や
結果自体への深まりといった部分に
結びつかないのではないか
と感じるからです。

最近、若い人に「うつ」が
増えていると言われています。

この「うつ」は中高年層に多い
従来の「うつ」とは違い、所謂「新型うつ病」です。

この「新型うつ病」の
発祥のモデルとして多いのが、
「会社に入る前の自己評価」と
「会社の自分に対する評価」のギャップ
に耐え切れない
というもの。

この原因として、精神科産業医であり筑波大大学院教授の松崎一葉氏は、こう分析しています。

個性が尊重される現代社会において、集団の中で沸き起こる葛藤を、我慢をしながら他人と折り合いをつけることを経験しない若者たちは、企業という集団に対応するための十分なスキルを有していないことが多くなるのです。」

このことの原因として思うのは、
小さいころから結果や出来映えに対し
「褒められて育つ」ことで自己評価が
甘くなるということがあるような気がしています。

それは、「新型うつ病」患者に見られる特徴を踏まえると見えてきます。

【新型うつ病の特徴】

  • 自己愛が強い
  • 自分自身のやり方や考え方にこだわりが強い
  • 根拠のない自信と漠然とした万能感を持つ

 

内閣府から平成22年7月に出された「若者の意識に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)」に「ふだんどのくらい外出しますか。」という質問と回答があります。

「近所のコンビニなどには出かける」「自室からは出るが、家からは出ない 」「自室からほとんど出ない」と答えた人を『狭義のひきこもり』

「趣味の用事のときだけ外出する」と答えた人を『準ひきこもり』

『狭義のひきこもり』『準ひきこもり』の合計を『広義のひきこもり』

また「現在の状態となって6ヶ月以上」と回答した人で、普段から自宅にいるとき「家事・育児をする」と回答した人を除いた人数を報告しています。するとこんな結果でした。この数字は、当時話題になって、「引きこもり」の概念がずいぶんと変わってきた世間を騒がせた。

広義のひきこもりの推計数は69.6万人
狭義のひきこもりの推計数は23.6万人
準ひきこもりの推計数は46.0万人

この「新型うつ病」の問題と
「褒める」ということは何か連動
している気がします。

イギリスの北ヨーク郡ハロゲイトグラマ学院心理学部主任エマ・ドンモア氏はこう述べています。

「子どもは時間と共に自分の成果を感じたいのであって、すぐにほめられたり励ましを受けたりすることを望んでいるのではない」

つまり、
安易に褒めたり励ますことで、
時間と共に達成する自分の成果を感じる
ことが少なくなってしまう
ということ。

自分自身が本当に必死に努力し
達成感や満足感を感じたものに対して人は
自分なりの愛着をもち、大切なものとなっていく。

そこに対して「褒める」があることは
そこまで努力した証となり、自信となる。

けれど、
「簡単にできること」「簡単につくったもの」
に対して「褒められる」ことは

「本当のもの」「努力して得られるもの」
が見えなくなってしまう可能性が
大きくなるのである。

安易に「褒める」こと。
結果や出来映えについてのみ「褒める」こと。

このような「褒める」は、
実は必死なまでの努力には結びつかず
次の活動の意欲につながらず
活動の深まりにはならない

とういことになってしまうのだ。

まとめるとね、
もう一度「褒める」ことの意味と対象を考え直さないとね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中